ホーム レーザー情報 レーザーを使用して異物を取り除く

レーザーを使用して異物を取り除く

  • View:166     2020年12月08日
  • スタッフは、ラインに絡まっている凧を正確に見つけるために、レーザー障害物除去装置を設置しました。

    12月6日、110 kVホースヘッドラインのポール58とポール59の間で、電力会社は初めてレーザーポインター障害物除去装置を使用して、送電線に絡まった凧をすばやく取り除き、安全で信頼性の高い送電線の運用を確保しました。

    春は凧揚げの季節であり、ルートに異物が絡まる季節でもあります。同日の朝、同社の運用・保守担当者が110 kVの馬のヘッドラインを調べたところ、58番と59番のポールに凧が巻かれていて、凧の尾が長く、安全上の大きな問題となっていました。カイトラインが地面から高すぎるため、現場で危険を排除することはできません。

    緊急通報を受けた同社の送電検査室整備員が急いで現場に駆けつけたが、現場の生物間の安全距離が近すぎるなどの複雑な条件を考慮し、通常の地盤電位絶縁操作棒操作、絶縁プーリー操作、電場に入る人員は同等である操作などの方法では、現場の安全要件を満たすことができません。

    話し合いの後、顧客の通常の電力需要を確保するために、カイトライン除去操作はハイテクノンストップパワー除去方法を採用します:レーザー異物除去装置を使用してカイトラインにレーザースポットを投影し、カイトラインに熱と融合を発生させますカイトストリングは、停電やライブ操作からカイトストリングを取り外す従来のプロセスに代わるものです。現場担当者の監修のもと、10分以内にラインに巻かれた凧糸を無事に取り除いた。従業員はレーザー障害物除去装置を設置して、カイトの巻き線を正確にライン上に配置しました。発射ボタンを操作した後、カイトストリングの巻きポイントがすぐに溶け、壊れたカイトが地面に落ち、隠れた危険がなくなりました。

    「このカイトラインのリスク除去操作は、高速で効果的でリスクが少ない。従来の欠陥除去方法と比較して、レーザーポインターカラス異物除去装置を使用すると、送電線の潜在的な安全上の危険を迅速に除去できるだけでなく、実際の操作によって引き起こされる安全上のリスクを減らすことができます。 、ラインの安全な運用を確保しつつ、電源の信頼性をさらに向上させます。」と現場担当者は語った。