ホーム レーザー情報 レーザー充電

レーザー充電

  • View:327     2020年12月22日
  • スマートフォンの充電技術は向上しています。一部の企業は、超高速ワイヤレス充電技術を導入し、使用中のユーザーの不便を最小限に抑えるために独自のワイヤレスアクセサリを発売しています。それにもかかわらず、ワイヤレスアクセサリが現在使用されている場合、依然として多くの不便があります。たとえば、充電時には携帯電話をワイヤレス充電パッドの上に置く必要があります。携帯電話を手に持ってゲームをしたり、横になってテレビシリーズを視聴したりすることはできません。

    最近、この非常に矛盾したユーザーエクスペリエンスを完全に解決できる一種の「非接触リモートワイヤレス充電」があります。科学者は、コヒーレント完全吸収と呼ばれる学名を持つ「アンチレーザー」技術を開発しました。技術機器は、室内のどの位置でも妨げられることなくエネルギーを放出できると言われています。この目に見えないビームエネルギーは、プラグを差し込むことなく、部屋全体で携帯電話やラップトップを充電できます。

    これは、レーザーポインター最強が光粒子または光子を順番に並べて放出する方法に似ていますが、この新しいタイプのデバイスは逆に機能し、逆の順序で光子を次々に吸収します。

    簡単に言えば、使用している携帯電話に継続的にエネルギーを供給する信号送信機のようなものがあります。レーザービームは人体に害を及ぼすことは言うまでもなく、電気ショックを心配する必要はありません。誘引された光子ビームとして、実際には目に見えない光が含まれています(その優れた指向性と優れたエネルギーにより、2010年にエール大学チームによって電気エネルギーに変換できることが発見されました)