ホーム 公式ブログ 天文学者が緑色のレーザーポインターを好む理由

天文学者が緑色のレーザーポインターを好む理由

  • View:10     2021年02月15日
  • ほとんどの場合、汎用レーザーポインターは、より短い距離で物を指すために使用されます。パワーポイントのプレゼンテーションの図または方程式。そのため、このようなレーザーポインターの出力は、一部の地域では5mw(クラス3AまたはIIIa)または10mWに非常に制限/制限されています。レーザーポインターの出力が低く、開口部が小さいため、空のスペースに向けると、グリーンレーザーポインターが表面に当たる場所にのみ衝撃を与えることがわかります。

    したがって、観測セッション中に天文学クラブのように星/惑星を指すには、ビームが当たる表面がなく、スポットを見ることができるため、これらの低出力レーザーポインターは役に立ちません。

    一部の高出力レーザーポインターは、ビーム経路に沿ったほこり粒子または水滴からの散乱を介して可視ビームを投射します。高出力(クラス3BまたはIIIbレーザー:5mW以上)および高周波数(緑または青)レーザーは、空気分子からの「レイリー散乱」のため、特に中程度から中程度で見た場合、きれいな空気中でも可視ビームを生成する可能性があります。 -薄暗い状態。散乱の強い波長依存性(〜λ ^ -4)は、短い(緑と青)波長が長い(赤)波長よりも強く散乱されることを意味します。

    [レイリー散乱は、主に、光の波長よりもはるかに小さい粒子による光または他の電磁放射の弾性散乱(一般的な衝突)です。レイリー散乱は、粒子の電気分極率に起因します(原子内で正電荷と負電荷をわずかな距離だけ局所的に分離します。つまり、正電荷の中心と負電荷の中心を一時的に分離します)。光波の振動電場は粒子内の電荷に作用し、それらを同じ周波数で移動させます(したがって緑色)。したがって、粒子は小さな放射双極子(または小さな光源)になり、その放射は散乱光(ポインターから星の先を向いたビーム)と見なされます。 ]

    これらのビームをビーム軸に近い角度から見ると、このような散乱の強度が増加します。 (そのため、天文部で星を指している人の近くに立っていると、レーザーポインタービームが明るくはっきりと見えますが、立っている人はほとんど見えません。したがって、常にプレゼンターの近くに立ってください。ただし、目との接触は避けてください。

    レーザービームからのスポットの見かけの明るさは、レーザーの屈折力、表面の反射率、および人間の目の色応答に依存します。同じ光パワーの場合、人間の目はスペクトルの緑色領域(波長520〜570 nm)の低光レベルで最も感度が高いため、緑色レーザー光は他の色よりも明るく見えます。最も感度の高い色素であるロドプシンは、500nmにピーク応答を示します。感度は、波長が赤または青になると低下します。

    さらに、緑色レーザーポインターは中程度の出力(きれいな空気でのレイリー散乱に十分)であり、コンパクトで青色のものよりも比較的安価です(人間の目は青色に敏感ではありませんが、青色レーザーは緑色よりも少し高価です1。