ホーム 公式ブログ レーザーポインター波長と出力と輝度の紹介

レーザーポインター波長と出力と輝度の紹介

  • View:194     2021年03月10日
  • レーザー波長の概念は何ですか?

    電子工学を研究した人は、電波の波長、より専門的には電磁波の波長を知っています。 実際、レーザーも電磁波ですが、レーザーの波長は電波と同じオーダーではなく、電波よりも桁違いに短い波長です。レーザーポインターの波長単位は通常nmで測定され、レーザーは可視レーザーと不可視レーザーの2つのカテゴリに分類できます。 パフォーマンスに使用される可視レーザーでは、多くの色のレーザーを異なる波長に応じて分割できます。 人間の目ではっきりと識別できる可視レーザー光の波長は、基本的に400 nm〜700 nmです。 レーザーの波長が短いほど青紫がかった色になり、人間の目は紫外になるまでそれを見ることができません。波長が長いほど、色は赤みがかって赤外線になり、人間の目には見えなくなり、人間の目は緑色から波長550〜570 nm程度になります。 、オレンジ、黄色の光が最も敏感です。 したがって、可視光域では、波長は色のデジタル識別として理解できます。

    パワーはどのように定義されていますか?

    電気エネルギーと同様に、レーザーによって放出される光もエネルギー源ですが、それは光の形成として表示されます。 したがって、レーザーポインター最強の出力パワーは、パワープラントジェネレーターの出力パワーと同じです。これは、単位時間あたりの出力エネルギーを測定する物理的な寸法です。使用される測定単位は、電力と同じで、ワット(W)またはミリワット(mW)です。

    輝度はレーザーのパワーと波長の関係は何ですか?

    レーザーポインターカラスの明るさは、人間の主観的な認識またはレーザーの波長とレーザー出力の説明です。 レーザーの波長を測定するための波長計とレーザーのパワーを測定するためのパワーメーターがあり、これら2つの物理量には一般的な基準があり、客観的に校正されています。 レーザーの明るさの測定は、明るさが明るくないため自分の目でしか見ることができず、明るさは自分の目でしか判断できない、つまりあなたの目は「レーザーの明るさ」のテスト装置です。

    人間の目は、異なるのレーザー波長に対して異なる視覚感度を持ち、このレーザー光がレーザーパワーに基づいてそのレーザー光より明るいか暗いかを判断することは不可能です。