ホーム 公式ブログ レーザーポインターライトとLEDライトの違い

レーザーポインターライトとLEDライトの違い

  • View:190     2021年04月28日
  • レーザーポインターとは、誘導放出による光の増幅を指します。 LED懐中電灯はLEDを指します。

    LEDはダイオードです。 LEDは、幅広いスペクトルの光を放射する単なる半導体ダイオード(p-n)接合です。光は同じではありません。さまざまな色(または波長)を生成できるさまざまなタイプのLEDがあります。

    レーザーに関して言えば、レーザーは誘導放出によってコヒーレントビームを生成するために使用される技術の名前です。ガスレーザー、半導体レーザー、ソリッドステートレーザーなどがあるとすれば、レーザーには多くの種類があります。

    最大の違いは、レーザーがコヒーレント光を放射するのに対し、LEDは色付きの光のみを放射することです。そのため、LEDはろうそくのようにすべてを照らし、レーザーは光線を放射します。半導体レーザーは、LEDに似たレーザーです。特定のレーザーは特定の波長を放射します。そして、可視および不可視スペクトルを放出する非常に多くのレーザーがあります。 LEDと比較して、発光スペクトルは非常に狭いです。

    レーザーは、コヒーレントで集束されたビームを生成するデバイスです。しかし、LEDは焦点が合っておらず、拡散レーザーポインター最強を備えています。懐中電灯に使用されます。レーザーは、高強度ビームの直線経路を生成します。そして、ledは全方向性の光源です。

    両者の違いについては、深く掘り下げる必要はありません。 1つは直接光で、もう1つは放射であることを知っておいてください。