ホーム 公式ブログ 安全性レベルレーザーポインターについて

安全性レベルレーザーポインターについて

  • View:8     2021年05月03日
  • 今日は、レーザーの安全性レベルについて話し合いたいと思います。レーザーには5つのクラスがあり、クラスはより高く、レーザーの出力が高すぎます。

    クラスI
    本質的に安全です。目の損傷の可能性はありません。これは、出力電力が低いか、通常の操作中にユーザーがレーザーポインタービームにアクセスできないようにするエンクロージャーが原因である可能性があります。ティーチレーザーと同じです。

    クラスII
    人間の目のまばたき反射は、人が意図的に長時間ビームを見つめない限り、目の損傷を防ぎます。出力電力は最大1mWです。

    クラスIIa
    クラスIIの低出力端にある領域で、網膜に火傷を負わせるためにレーザーが1000秒を超える連続観察を必要とする領域。

    クラスIIb
    このクラスのレーザーは、ビームが直接目に入ると損傷を引き起こす可能性があります。これは通常、5〜500mWの出力のレーザーに当てはまります。このクラスのハイパワーエンドのレーザーは、火災の危険性があり、皮膚を軽く火傷する可能性があります。レーザーポインターを燃やすのと同じです。

    クラスIV
    このクラスのレーザーは、ビーム内で500mWを超えるレーザーポインター最強の出力を持ち、目や器具の光学系によって拡大されることなく、目や皮膚に深刻な永続的な損傷を与える可能性があります。レーザーを燃焼させたい場合は、ゴーグルが必要です。これは非常に重要です。わたしたちのため。

     

    レーザーポインターの安全に関する推奨事項

    レーザーポインターの使用が広まっています。レーザーポインターは、教室や会議や会議での教育者にとって便利なツールです。しかし、低コストでユビキタスな供給により、これらのレーザーポインターは現在、子供を含む一般の人々によって購入および使用されており、メーカーが意図していない方法で使用されています。その結果、レーザーポインターの危険性に関する深刻な懸念が表面化しています。

    レーザーポインターの危険性は目に限定されています。ほとんどの可視レーザーでは、最大の懸念は網膜への潜在的な損傷ですが、ほとんどのレーザーポインターは永久的な網膜損傷を引き起こす可能性はありません。高出力レーザーを使用する場合は、目を保護するためにゴーグルが必要です。