ホーム 公式ブログ レーザーポインターを燃焼レーザーとして認定するものは何ですか?

レーザーポインターを燃焼レーザーとして認定するものは何ですか?

  • View:160     2021年05月20日
  • 今日オンラインで利用できるレーザーとレーザーポインターの文字通り何百もの異なるタイプがあります。したがって、高出力ユニットの市場にいる場合は、「レーザーポインターを燃焼レーザーとして認定するものは何ですか?」と自問するかもしれません。ここでは、さまざまな種類のハンドヘルドレーザーと、レーザーが燃焼できるかどうかを判断する要因について説明しますので、読み続けてください。

    1.出力電力(mWまたはW)

    これは、個々のレーザーが燃焼ユニットであるかどうかを判断する際に最も重要な要素です(ビームの色ではありません)。現在、レーザーは5mW未満から5,000mWまたは5Wまで使用できます。つまり、燃焼しきい値がどこにあり、そのしきい値が原則として最低100mWであるかを知ることを意味します。つまり、100mW未満のレーザーは、何かを燃やすために強く押し付けられ、平らになり、燃やすことができなくなります。 100mWを超えるブルーレーザーポインターは燃焼ユニットと見なされますが、すべてが同じように作成されるわけではありません。 mWパワーが高いほど燃焼能力が高くなるため、100mWで黒い風船を弾いてマッチに火をつけるだけでは、電気テープを切ることができなくなります。最大の燃焼能力を実際に得るには500mW以上が必要であり、常に出力が高いほど距離と燃焼に適しています。

    2.レーザースタイルと燃焼能力

    最小100mWが必要であり、出力が高いほど燃焼能力が高いことがわかったので、さまざまなタイプのレーザーを調べる必要があります。原則として、AAAバッテリー駆動のペンまたはキーチェーンレーザーは、レーザーポインター着火とはほとんど見なされません。それらの多くは約5mWの低電力であるため、表示されて便利ですが、マッチに火をつけたり、風船を弾いたりすることはできません。充電式バッテリーを使用する大型ユニットは、燃焼として分類されるほとんどすべてのレーザーを構成します。ですから、個々のユニットの本体とバッテリーを必ずチェックしてください。ペンがAAAバッテリーで動作している場合、高出力の燃焼レーザーではない可能性があります。