ホーム レーザー情報 韓国国防開発庁、レーザー出力増強技術を開発

韓国国防開発庁、レーザー出力増強技術を開発

  • View:240     2021年06月01日
  • 韓国国防開発庁は25日、将来の兵器システムのためのレーザー出力増強技術を開発したと発表した.その最も直接的な用途はレーザー防空システムである.

    国防開発庁は声明の中で、この技術は波長の異なる複数のレーザーポインターを1つのレーザーに結合するものであり、スペクトルビーム結合技術と理解できると述べた。

    防衛事業庁が主導するこのプロジェクトは、2015 年に始まり、2020 年に完了する予定です。

    ファイバー レーザー アプリケーションには、小型化、操作、およびメンテナンスの点でいくつかの利点があります。国防開発庁は、兵器システムを開発すれば、無人航空機やミサイルなどの脅威から防御する防空システムに使用できると述べた。

    レーザー兵器は、防空分野においてミサイルや自走砲よりも有利であり、最も重要なことは低コストです。レーザー兵器を発射できるようにするためには、誘導ミサイルや空爆爆弾よりもはるかに安価な電力が必要です。レーザー兵器自体のコストが従来のエフェクターより高くても、将来的には運用コストは確実に低くなります。

    また、レーザーモジュールは弾薬をリロードする必要がなく、電力が供給されている限り、連続して発射することができます。さらに、レーザー兵器の不発弾のリスクはゼロです。レーザー兵器は反動がなく、長いカートリッジも必要ないため、非常に携帯性の高い車両に取り付けることができ、修理も簡単です。