ホーム 公式ブログ レーザーポインターを取り扱う際の危険

レーザーポインターを取り扱う際の危険

  • View:159     2021年06月21日
  • レーザーセンター、関係する標準化団体および専門家協会、科学専門家協会および法定傷害保険機関からの声明。

    低コストで提供されるレーザーポインターには、束ねられた赤色光を発するレーザーダイオードが含まれています。それらは講義中の光学的ポインターとして機能します。意図したとおりに使用する場合、緑色のレーザーポインターは、最大1 mWの放射線出力を備えた安全なデバイスです(レーザークラス2)。緑色の光を発するはるかに高価なレーザーポインターも市場に出回っています。目はこれに敏感であるため、これらのレーザーポインターは同じ放射電力で明るく見えますが、適切に使用することによる危険も除外できます。レーザー光線が意図せずに聴取者の目を透過し、最悪の場合、網膜の鋭い視界に当たると、この瞬間的なまぶたがまぶたを閉じる反射を引き起こし、最大で1/4秒で目を閉じます。これは、目に損傷が発生しないことを意味します。

    レーザーポインターカラスを含むレーザーはおもちゃではありません。 200mWのレーザーポインターは、意図的に人に向けてはいけません。1mWを超える放射線レベルは、長期的には人の視力を損なう可能性のある目に損傷を与えるリスクがあるためです。クラス2レーザーポインターもグレアを引き起こす可能性があり、他の事故につながる可能性があります。まぶたの閉鎖反射が抑制されている場合、レーザークラス2のレーザーポインターを使用しても、永久的な眼の損傷のリスクがあります。レーザーポインターが誤用されないように、また網膜へのまぶしさや不可逆的な損傷が回避されるように努力する必要があります。