ホーム 公式ブログ レーザーポインターグリーン関数

レーザーポインターグリーン関数

  • View:118     2021年06月24日
  • このタイプの固体レーザーは、通常、レーザーポインターやシンプルな既製のショーレーザーの緑色レーザーポインターとして見られます。レーザー材料は、電流によって励起される小さなガリウム砒素結晶で構成されています。供給電圧は3Vから6Vの間です。これらのレーザーの利点は、長寿命、複雑でない電源、小型、比較的低価格です。それらは0.5mWから1Wの出力パワーと635nmから900nm(オレンジ/赤から赤外線)の波長を持っています。それらの欠点は、高い発散(ポイントは距離とともに急速に増加する)と大きなビーム直径(少なくとも4mm)にあります。 300mW緑色レーザーポインター

    いわゆるDPSSレーザーは比較的目新しいものです。 DPSSは、「ダイオードポンプソリッドステート」の略語です。基本的に、DPSSレーザーは、赤外線範囲で発光する強力なレーザーモジュールで構成されています。このレーザーダイオードは、KTP / YAG結晶(イットリウムアルミニウムガーネット)の光ポンピングに必要であり、実際に必要な波長を放射します。また、出口にはレーザービームの集束用コリメータと赤外線フィルターを搭載しています。赤、黄、緑、青のDPSSレーザーがあります。それらの低消費電力、小さなスペース要件、および長い耐用年数のために、それらはレーザーショー部門でますます使用されています。緑のレーザーは、同じ出力パワーの赤のレーザーよりも約25倍明るいと認識されています。半導体レーザーは、過電圧と過熱に非常に敏感です。