ホーム 公式ブログ レーザーポインターとレーザー波長分類

レーザーポインターとレーザー波長分類

  • View:74     2021年07月30日
  • 初期のレーザーポインターは、波長633 nm(nm)のヘリウムネオン(HeNe)ガスレーザーを使用します。これは通常、1ミリワット以下のエネルギーのレーザービームを生成するために使用されます。最も安価なレーザーポインターは、670 / 650nmに近い波長の深紅のレーザーダイオードを使用しています。 635nmのオレンジレッドダイオードを使用するのは少し高価ですが、この波長は人間の目の識別に適しています。レーザーポインターの他の色もありますが、最も一般的なのは532nmの波長の緑色光です。近年、黄色-オレンジ色の593nmレーザーペンシルも登場し始めています。 2005年9月に473nmの青色レーザーポインターが登場しました。 2010年の初めには、405nmの「青」レーザーポインター(実際には青紫)の波長がありました。

     

    赤、緑、青紫、レーザーポインターで照らされたプロジェクターの見かけの明るさは、レーザーの出力と表面反射率だけでなく、人間の目の色にも依存します。たとえば、人間の目は可視スペクトルで520〜570 nmの波長の緑色光に最も敏感であるため、赤または青の感度が低くなり、同じワット数の緑色光は他の色よりも明るくなります。

    レーザーポインターおすすめの出力は通常ミリワット単位です。米国では、レーザーは米国規格協会と米国食品医薬品局(FDA)によって分類されています。 1 mW(波長400-700 nm)未満の可視光パワー2番目のカテゴリー(クラス2またはII)用のレーザーポインターカラス。カテゴリ3A(Class3AまたはIIIa)の電力は1〜5mWです。レーザーレーザークラス3B(クラス3B / IIIb)(出力5〜500 mW)およびクラス4(クラス4 / IV)(出力500 mW以上)。

    レッドレーザー
    レーザーダイオードの波長により、その構造は最も単純で、基本的にダイオードエネルギーごとに1つのバッテリーのみです。赤いレーザーポインターは1980年代に最初に登場し、数百ドル相当の巨大でかさばる機器ですが、今では非常に小さく、非常に安価です。近年、671nmの波長の固体レーザー(Dpss)赤色レーザーポインターがあります。波長は安価なダイオードで実現できますが、DPSSテクノロジーはレーザーの周波数帯域をますます狭くすることができます。

    黄色のレーザー
    最近、593nmの黄色のレーザーポインターの波長で市場に登場しました。 DPSS技術に基づいて、1064nmと1342nmの波長を持つ2つのレーザーが非線形結晶を追加することによって得られました。プロセスの複雑さにより、ジャンプモードでも過熱または過冷却が発生した場合、黄色のレーザーポインターが不安定で非効率になり、温度出力は1〜10ミリワットの範囲になります。これは、レーザーポインターのサイズが、必要な温度安定性と部屋の冷却に失敗する原因となるためです。また、ほとんどの593nmレーザーペンシルは、より小さなサイズのダイオードとより少ないパワーポンプでパルスモードで動作します。

    グリーンレーザー
    非線形結晶の808nm赤外線レーザー励起の波長を使用して、1064nmの赤外線を生成し、次に固体レーザーに属する532nmの緑色光を乗算します。一部の緑色レーザーポインターは、パルスモードまたはほぼ連続モードで動作して、冷却の問題を軽減し、バッテリーの寿命を延ばします。最近、緑色レーザーの周波数を2倍にする必要性が効率を高めたと発表しました。夜には、低出力の緑色光でさえ、大気分子のレイリー散乱によって見ることができます。これは、天文学者が星や星座を指すためによく使用します。緑色のレーザーペンは、さまざまな出力パワーを持つことができます。 5mW(クラス3A)は最も安全に使用でき、暗い照明でも見えるため、ポインティングのためにさらに電力を供給する必要はありません。

    青色レーザー
    もともとはDPSS473nmブルーレーザーポインターのみで、低出力で不安定です。最近、カシオが開発した青色レーザーダイオード(445nm)、混合光源高輝度プロジェクターにより、1000mW(クラス4)以上の青色半導体ダイオードの出力が大量生産され、人気を博しています。

    バイオレットレーザー
    半導体レーザーに属する波長405nmの青紫色レーザーダイオードを使用すると、UV帯域に近く、視認性は低くなりますが、蛍光や銀を刺激し、化学製品の役割をテストできます。